トイレ修理について

ウォシュレットの買い替え時期は?故障したかもと思ったら必見!

ウォシュレット

トイレの中で唯一の電化製品である「ウォッシュレット」は、長年使っていると、ボタンが反応しなくなったり温水が出なかったりと、さまざまな故障を引き起こします。

このようなトラブルを起こすウォッシュレットですが、もし直らないような故障が起きたときは、買い替えを検討する時期かもしれません。

ウォッシュレットの買い替え時期を知っておくと、ウォッシュレットに不調が起きても、焦らずに買い替えの対応を検討することが可能です。

本記事では、ウォッシュレットの買い替え時期や、ウォッシュレットの代表的な故障のサインを紹介していきます。ウォッシュレットが故障していて買い替えを検討している方は、ぜひ読んでみてください。

ウォシュレットの故障のサイン

ウォシュレット
ウォッシュレットは、なにかをきっかけに突然故障することがあります。「ウォッシュレットの故障かな?」と感じている方は、ここで紹介するウォッシュレットの故障のサインを確認してみましょう。

当てはまる項目がある方は、ウォッシュレットの修理や買い替えを検討しましょう。

ボタンが反応しない

ウォッシュレットの故障として多いのが、ボタンが反応しないケースです。電源すら効かないこともあれば、電源ボタンは光っているのに、電源以外のボタン操作が一切できないこともあります。

ウォッシュレットのボタンが反応しないトラブルの主な原因は、内蔵されている基盤のハンダ割れです。基盤自体の配線が切れていたり抜けていたりすることもあります。

確認方法

症状によっては放置していれば直ることもありますが、どうしても直らないときは、一度コンセントを抜いて放置してみましょう。

再びコンセントを挿して電源を入れるとボタン操作が復活する可能性があります。

ちなみに、ウォッシュレットの場合は、接触不良なボタンが1つだけでも、ウォッシュレット全体を修理したり買い替えたりするのが一般的です。現代の電化製品は複雑な仕組みになっているので、ボタン1つの接触不良でもウォッシュレットそのものの故障だと考えるようにしましょう。

温水がでない

ウォッシュレットから温水が出ないときも、ウォッシュレットの故障である可能性を考えましょう。

ただし、温水のトラブルは、ウォッシュレットの温度設定が低かったり、ウォッシュレットを連続で使うことでお湯が溜まっていなかったりするケースもあります。

まずは、

  • ウォッシュレットの温度設定は正しいか
  • 連続や長時間で使っていてお湯を使いきっていないか

の2点を確認しておきましょう。

また、ウォッシュレット自体が正しく取り付けできていないときも、温水が出ないことがあるので注意が必要です。

これらのポイントに問題がなければ、ウォッシュレットが故障しているかもしれません。修理の依頼や、新しいウォッシュレットへの交換を考える必要があります。

便座が冷たい

ウォッシュレットには暖房便座の機能がついているタイプもあります。寒い季節になると重宝する暖房便座ですが、電源がついていても便座が温かくならないときは、ウォッシュレットが故障しているかもしれません。

ただし、故障をしているわけではなく、

  • 着座センサーが汚れていて座っているのを感知できない
  • 便座に不適切な便座カバーがついている
  • 本体の温度設定が低すぎる

といった問題で便座が冷たくなるケースもあります。まずは、上記の3点を確認するようにしましょう。

これらのポイントに問題がなければ、ウォッシュレットの故障である可能性が高いといえます。

ノズルが出てこない

ウォッシュレットの中には、人が座ったときにノズルが出てくるタイプがあります。このタイプは、人が座ったときに着座センサーが反応して、ボタンを押したときにノズルが出てくる仕組みです。

ノズルが出てくるタイプのウォッシュレットは、故障を起こすことで出てこなくなる場合があります。ノズルが出てこなければ、故障の可能性を考えましょう。

ただし、

  • 着座センサーの汚れ
  • 電源の付け忘れ

などでノズルが出てこないこともあります。うっかりミスで出てこないようになっていないか、しっかりとした確認が大切です。

ウォシュレットの寿命はどのくらい?

砂時計
ここまで、ウォッシュレットの代表的な故障例について紹介してきましたが、そもそもウォッシュレットは、どのくらいの期間使えば故障しやすくなるのでしょうか。

ウォッシュレットの故障で悩んでいる方は、ウォッシュレットの寿命を知っておきましょう。

テレビや冷蔵庫などの一般的な家電と同様に、ウォッシュレットの寿命は7~10年程度です。

正しく丁寧に使っていても、7年以上使っていれば、部品の劣化などによりボタンが効かなくなったり温水が出なくなったりなどの故障が起きやすくなります。

ちなみに

製品の保証期間内であれば無償で修理が受けられますが、数年以上経ったウォッシュレットの多くは保証期間を過ぎているので、修理をするのに高い費用がかかります。

修理のために費用を払うのであれば、新しく買い替えをしたほうがお得で安く済むケースが多くあるので、事前に両者の料金を確認しておくことが大切です。

ウォッシュレットの取り付けや交換は、専門業者に依頼をすることで、トラブルを起こすことなく短時間で完了できます。

蓋のあいているトイレ
トイレが故障・壊れる原因まとめ!未然に防ぐにはこれを読めばOK毎日の生活には欠かせないトイレは、使用頻度も多いため、故障やトラブルの発生が珍しくありません。 トイレが故障したり壊れたりしたとき...