トイレ詰まりが直らない!家庭でも買える詰まり解消グッズ4選

真空パイプクリーナー

「トイレ詰まりが直らない!」と悩んでいませんか?

トイレが詰まると水をいつもどおりに流せないので、快適にトイレが使えなくなってしまいます。トイレを快適に使うためにも、トイレ詰まりはできるだけ早く直したいですよね。

本記事では、家庭でも買える詰まり解消グッズを紹介しながら、トイレの詰まりを直す方法を解説していきます。詰まりのタイプによって適切な対処方法は変わるので、今のうちにトラブルに合った解決法を学んでおきましょう。

トイレの詰まりを自分で直せるケース

掃除お姉さん
一口に「トイレの詰まり」といっても、そこにはさまざまなケースが存在します。

自分で直せるケースもあれば専門業者に依頼しなければならないケースもあるので、まずは「この詰まりは自分で直せるか」を確認しておきましょう。

ここでは、トイレの詰まりを自分で直せるケースを2つ紹介します。

トイレトラブルを業者と自分で直す違いはこちらで確認できますので、プロに依頼するか迷っている方は参考にしてください。

紙の流しすぎが原因でトイレが詰まった場合

トイレの詰まりの原因として多いのが、紙の流しすぎです。トイレットペーパーを必要以上に使ってしまい、大量に流すことで詰まりが起きてしまいます。

紙の流しすぎによるトイレの詰まりは、他の原因に比べて対処が簡単なので覚えておきましょう。

軽度の詰まりであれば、お湯を使うことで詰まりの解消が可能です。

ポイント

トイレットペーパーの原材料であるパルプ繊維は、お湯に触れることで柔らかくなる性質があります。そのため、40~50度程度のお湯を便器に流しこめば、1時間程度で詰まっている紙が柔らかくなり、詰まりを解消しやすくなります。

給湯器または鍋でお湯を沸かし、便器内の水を抜いたあとにお湯を流し込んで、1時間程度放置してみましょう。放置したあとに水を流し込めば、詰まりが解消されるかもしれません。

お湯を使っても詰まりが解消されないときは、本記事でこれから紹介するラバーカップやパイプクリーナーを使う手段もあります。

水が少しずつ引いていく場合

トイレットペーパー以外のモノが詰まっても、便器内に流し込んだ水が少しずつ引いていく場合は、自分で直せる可能性が高いといえます。

なぜなら、便器内の水がゆっくりと引いていくということは、何かが詰まっているものの、水の通り道があるということだからです。完全に詰まっているわけではないため、工夫次第では詰まりを解消できます。

ただし、詰まっているモノによっては慎重に作業をしなければなりません。例えば、水に溶けないモノを詰まらせているときは、それを取り出そうとして、さらに奥まで入っていく恐れがあります。

水に溶けない異物は、便器内から取り出すしか解決法がないため、本記事でこれから紹介するラバーカップなどを使って状況を悪化させないようにしましょう。

水が少しずつ引いていても、自分で直せる自信がないときは無理に作業をする必要はありません。トイレ修理の専門業者に相談して、詰まりを直してもらうのも1つの手段です。

軽度の詰まりであれば、3,000円程度で依頼できます。無理に自力で直そうとして状況が悪化するリスクを考えると、早くて確実な業者に依頼したほうが安心といえるでしょう。

トイレの詰まりを解消するグッズ

水漏れや便器の破損などと違って、トイレの詰まりは、トイレを使っていると起こりやすいトラブルです。

そのため、トイレの詰まりを解消するグッズを用意しておくと、トイレが詰まったときにすぐに対処できるようになります。

ここでは、トイレの詰まりを解消する4つのグッズを紹介します。家庭でも買いやすいアイテムを厳選しているので、気になるものがあれば購入しておきましょう。

①ラバーカップ

ラバーカップ
最も一般的なトイレ詰まりの解消グッズといえば「ラバーカップ」です。「スッポン」や「通水カップ」とも呼ばれます。

ラバーカップの種類は大きく

  • トイレ用
  • 水口用
  • 特殊なトイレ用

の3つに分けられます。トイレの詰まりを解消したい方は、自分の使用しているトイレのタイプに合わせて、適切な種類を選ばなければなりません。

一般的なラバーカップは、ホームセンターやスーパーに売られていて、数百円で購入できます。他の詰まり解消グッズと比べても安価で購入可能なので、軽度の詰まりを直したい方はラバーカップを選んでおけば間違いありません。

ラバーカップの使い方ですが、「静かに押して力を入れてグッと引く」がポイントです。カップを排水口に密着させ、静かに押しつけたあと、力を入れてグッと引き抜きます。そうすれば、排水口の中の水が引っ張られ、詰まりが解消されます。

力も不要で誰でもすぐに使用できるので、詰まりを直したい方ははじめにラバーカップを試してみると良いでしょう。

②真空式パイプクリーナー

真空パイプクリーナー引用:https://www.monotaro.com/

ラバーカップでも解消できない詰まりは、真空式パイプクリーナーを使用してみましょう。真空式パイプクリーナーは、ラバーカップと同様の仕組みで詰まりを解消しますが、ラバーカップよりも強い圧で吸引できるのが特徴です。

真空式パイプクリーナーの使い方は、ラバーカップと同様に排水口にカップを密着させて、一気にレバーを引き上げます。

気になる料金ですが、ホームセンターや専門店などにいけば、1,500~2,500円程度で購入可能です。

③ローポンプ

ローポンプ引用:https://www.rakuten.co.jp/

ラバーカップの5倍以上の圧力をかけられる詰まり解消グッズがローポンプです。

使い方が難しいわけではありませんが、購入すると1万5千~2万円程度の料金がかかります。

注意

1度購入すればトイレが詰まるたびに使えますが、トイレの詰まりは頻繁に起こるわけではないので、ローポンプを購入するのであれば業者に依頼したほうがお得かもしれません。

まずはラバーカップや真空パイプクリーナーを使ってみて、ローポンプの導入を考えましょう。

④ワイヤーブラシ

ワイヤーブラシ引用:https://jp.misumi-ec.com/

ワイヤーブラシは、そもそも配管内の掃除に使うアイテムですが、詰まりの解消にも役立ちます。

数メートルのワイヤーの先端にバネやブラシがついていて、便器の排水路を掃除できるのがワイヤーブラシの特徴です。

詰まりが起こっているときも、ワイヤーブラシを配管内に通していけば、詰まりの原因である汚れを押し込んだり引っかけたりできます。軽度の詰まりであれば取り除きが可能なので、ワイヤーブラシも詰まり解消グッズの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ワイヤーブラシは、1,000~3,000程度で購入可能です。

トイレの手洗い管
トイレの水が出ない場合はどうすれば良い?【水道修理のプロが解説】「トイレのレバーを引いても水が流れない」と悩んでいませんか? 通常であればレバーを引くだけで便器へと水が流れるトイレですが、タンク...