トイレ修理について

トイレの詰まりがスッポンでダメならどうする?治らないときの対策

家庭での一般的なトイレ詰まり対策道具はスッポン(ラバーカップ)ですが、スッポンでは詰まりが治らないケースもあります。

スッポンを使ってもダメなときにどのように対処をすればよいのでしょうか?

この記事では、スッポンを使ってもトイレのつまりが治らないときの対処法を解説します。

トイレの詰まりがスッポンで治らない!?ダメなときはスッポンを確認

ラバーカップ

スッポンを使ってもトイレの「つまり」が治らない場合は、そもそもスッポンの選び方や使い方が正しくない可能性があります。

それぞれ、ポイントを見ていきましょう。

適切なスッポンを使っているか?

スッポンは、ご自宅の便器に適したものをチョイスすることが大切です。

特に注意すべき点は、以下の3点です。

注意点
  • 洋式・和式で形状が異なる
  • 100均のスッポンなどはホームセンターで販売されているスッポンほど効果を発揮しない場合がある
  • 先端のラバー部分が劣化している場合がある

ラバーの劣化は、例えば先端を洗うときに薬剤を使用したり、長年利用したりした場合に起こる場合があります。

これらに該当する場合は、適切なラバースッポンを選ぶことで、状況が改善することもあります。

使用方法は合っているか?

ラバーカップは、適切な使用方法があります。

使用方法
  1. ゆっくりと先端部分を排水口に押し込む
  2. 隙間ができないように先端を密着させる
  3. ゆっくりと押し込んで、引き抜くときに勢いをつける
  4. 1度でつまりが解消しないときには、繰り返し作業する

上記のポイントを意識してスッポンを使用することにより、つまりが解消する場合もあります。

使用用途は合っているか?

スッポンが効果を発揮するのは、基本的にトイレットペーパーや排せつ物の詰まりに対してです。

尿石や嘔吐物についても効果を発揮するケースがありますが、固形物が詰まっている時や配管の変形などによりトイレが詰まっている際は効果が期待できません

このように本来のスッポンの使用用途から外れている場合は、用途に適した対応方法を選ぶ方法があります。

トイレのつまりがスッポンでダメなときの代わりの方法

掃除お姉さん

スッポンを使ってもダメなときには、代わりの方法で「つまり」を解消する必要があります。

この章では、考え得る対策を解説します。

真空式パイプクリーナー

真空式パイプクリーナーは、ラバーカップ以上の吸引力をもつ配管の「つまり」解消道具です。

ラバーカップは、水がたまっている状態でなければ効果が弱いですが、真空式パイプクリーナーは水のたまっていない箇所でも効果を発揮します。

使用手順は以下のとおりです。

ここにボックスタイトルを入力
  1. レバーを下ろした状態で真空式パイプクリーナーを排水口部分に密着させる
    ※ラバーカップと同様、隙間ができないように密着させます
  2. レバーを勢いよく引き上げる
  3. 詰まりが解消されるまで繰り返す

排せつ物・トイレットペーパー・尿石などが詰まっても解消しないときには、真空式パイプクリーナーを使用しましょう。

真空式パイプクリーナーは、スッポンよりも吸引力が強いため、スッポンでダメなときでも効果を発揮する場合があります。

ワイヤーブラシ

ワイヤーブラシは、長いワイヤーの先端にブラシのついた配管専用の清掃用具です。

先端のブラシでトイレのつまりを除去することも可能です。

使用手順は以下のとおりです。

ここにボックスタイトルを入力
  1. 排水口部分からワイヤーブラシの先端を入れる
  2. つまりの箇所に到達するまで、ゆっくりと先端を伸ばす
  3. つまりの箇所に到着したら、ブラシ部分を前後に動かす

ブラシ部分を動かすことで、詰まっているものをほぐします。

排せつ物・トイレットペーパー・嘔吐物などが詰まったときに有効な方法です。

特に嘔吐物はスッポンを使ってもダメな場合が多いため、ワイヤーブラシが役立ちます。

薬剤

トイレのつまりに対して有効な薬剤もあります。

  • 尿石
    →尿石除去剤・酸性のトイレ用洗剤・クエン酸
  • 排せつ物・トイレットペーパー
    →重曹+クエン酸
  • 嘔吐物・残飯
    →アルカリ性洗剤

上記のように用途によって使い分けてください。

薬剤を使用する際には、灯油用ポンプなどでトイレの水を抜いてから薬剤を注ぎ、一定時間そのままつけておきます。

特に尿石や嘔吐物などの詰まりに対しては、スッポンよりも薬剤を使用した方が効果的な場合が多いです。

また、薬剤を使用した後にスッポンを使用すると、さらに効果的です。

ローポンプ

ローポンプは、水道修理業者のプロが使用するタイプの真空式パイプクリーナーです。

使用手順は、真空式パイプクリーナーとほぼ同じです。

ここにボックスタイトルを入力
  1. 排水口にローポンプの先端部分を密着させる
  2. レバーを勢いよく引き上げる
  3. 詰まりが解消されるまで繰り返す

ローポンプは、スッポンよりも強いパワーを持っているので、スッポンで治らない詰まりでも解消できる場合があります

ただし、7,000円〜と価格が高めであることや、ホームセンターなどに必ずしも在庫があるとは限らないことに注意が必要です。

繰り返しトイレが詰まっている方などにオススメのトイレ詰まり対策です。

高圧洗浄機

高圧洗浄機は、水圧の強さによって排水管内を洗浄する道具です。

使用手順は、以下のとおりです。

ここにボックスタイトルを入力
  1. 水道もしくはタンクと高圧洗浄機を接続する
  2. トイレの排水口もしくは排水升から高圧洗浄機のホースを入れる
  3. 手前側から少しずつ水を出し、水圧をかけていく
  4. つまり部分に水圧をかけて、つまりを押し出す

市販されている高圧洗浄機は、水道修理業者が使用するものと比べると少しパワーが劣ります。

とはいえ、非常に強いパワーを持っているので、排水管の汚れ・つまりに対して幅広く使用できます。

水道修理業者

水道修理業者に依頼をすることで、大半のつまりの原因については、即日対応できます

水道修理業者に依頼をする際の基本的な手順は、以下のとおりです。

ここにボックスタイトルを入力
  1. 水道修理業者に電話をして、簡単に症状を伝える
  2. 来客見積もりを依頼して、費用を確認する
  3. 作業を依頼する

作業手順・技術力・費用などは業者ごとに異なるため、慎重に業者選びをすることが重要です。

水道修理業者に相談をすれば、大半の詰まりは解消できるため、対処法が分からないときや緊急性が高いときは、まずプロの水道修理業者に相談するとよいでしょう。

水道修理業者の選び方についてはこちらで解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

トイレのつまりは、スッポンを使用してもダメなときがあります。

その場合、使用法やスッポンの選び方が合っているのか否かを確認したうえで、別の方法を検討することが重要です。

トイレの詰まりを治す方法はたくさんあるので、この記事を参考にしながら状況に合ったやり方を選んでください!