トイレ修理について

トイレのレバーが戻らない!どこに修理依頼をするべき?解決法まとめ

トイレレバー

「トイレのレバーが戻らない」と悩んでいませんか?

トイレの水を流すためには必要不可欠なトイレのレバーですが、これが戻らなければトイレを快適に使うことができません。

トイレのレバーが壊れて悩んでいるときは、仕組みを理解し、交換までを考えるのがおすすめです。本記事では、トイレのレバーが戻らない原因や、その解決方法を紹介していきます。

トイレのレバーの仕組みと戻らない原因

トイレレバー
トイレのレバーの故障を直すには、はじめにトイレのレバーがどのような仕組みになっているのかを理解しておきましょう。

トイレのレバーはタンクの内部で鎖と繋がっていて、その鎖は「ゴムフロート」と呼ばれる部品に接続されています。

このゴムフロートには、トイレの水が流れる排水管のフタの役割があり、ゴムフロートが動かなければ、タンク内の水は排水管に流れていきません。

レバーを動かすと、鎖で繋がっているゴムフロートも動き、フタの役割をしているゴムフロートが取れた排水管に、タンク内の水が流れていく仕組みです。

レバーを動かしたことによりゴムフロートが浮き、水が流れることでタンク内の水はどんどん少なくなっていきます。タンク内の水が減るとタンク内にある浮き玉が下がり、浮き玉が下がった影響でボールタップという給水管の弁が開いて、新たにタンクに水が入っていきます。

トレイのレバーは、以上のような仕組みで水を流すことになっていますが、このトイレのレバーが戻らない場合は、以下のような原因が考えられます。

  • レバーとレバー軸の汚れ
  • レバーとゴムフロートが繋がっている鎖が絡まっている
  • フロートバルブが外れている

どの原因であっても、まずはトイレタンクを開けて、中を確認してみましょう。

フロートバルブが外れていたり、鎖が絡まっていたりする場合は、すぐに直せる可能性があります。ただし、鎖が切れていたりレバーに破損があったりする場合は、トイレレバーを交換する手段も考えなければなりません。

次項では、トイレのレバーを交換するときの方法を紹介していきます。

トイレレバーの交換方法

スパナ
トイレのレバーが破損していたり、繋がっている鎖が切れていたりする場合は、トイレレバーを交換しなければなりません。そのためには、必要な道具を揃え、正しい手順に従って交換する必要があります。

今のうちにトイレレバーの交換方法をチェックしておきましょう。

必要な道具

トイレレバーの交換で必要な道具は下記のとおりです。

  • マイナスドライバーや専用の道具
  • モンキーレンチ
  • ゴム手袋
  • 新聞紙
  • 雑巾
  • 新しいレバー
  • 新しい鎖・ゴムフロート

これらの道具は、それぞれ数百円で購入可能です。ただし、トイレレバーだけはメーカーや品番などによって千~6千円ほどの値段がかかります。

交換の手順

上記で紹介した道具を揃えたら、以下の手順に従ってトイレのレバーを交換していきましょう。

①止水栓を閉めてタンクの中の水を抜く

レバーを交換するためには、はじめにタンクの中の水を抜かなければなりません。タンクの中の水を抜くには、水が給水されているパイプを止める必要があります。

そのため、まずは止水栓を閉めましょう。

ポイント

止水栓はレバーの交換後に再び開けるので、正しい量を給水できるように、何回まわしたか覚えておく必要があります。

②レバーを外し、新しいレバーを取り付ける

止水栓を閉めてタンクの中に水がなくなったら、レバーを外して新しいレバーを取り付けていきます。

レバーには、その先に鎖が繋がっているので、はじめに鎖を外しましょう。そのあと、レバーを固定しているナットを、モンキーレンチを使って外します。ナットが外れたら、レバーをタンクの外側に向かって引き抜くだけです。

注意

鎖やナットなどの部品はレバー交換後も使うので、無くさないように注意します。

レバーを外したあとは、向きを確認して新しいレバーを差し込みましょう。レバー軸の付け根部分にある突起とタンクの穴の突起部分を合わせると上手く取り付けられます。

レバーがキレイに取りつけられれば、再びナットを締めて鎖につなぎます。ナットを締めすぎるとレバーが重くなるので適度な緩さが必要です。

③止水栓を同じ回数まわして開ける

無事に新しいレバーに交換できたら、閉めていた止水栓を閉めたときと同じ回数まわして開けていきます。

止水栓をまわしすぎると、水が出る量が多くなりタンクから水があふれる恐れがあるので注意が必要です。反対に、まわす回数が少なければ水が出る量が少なくなるので、タンクに水がたまりません。

④レバーと水量が正常か確認する

レバーを開けたあとは、レバーを回してみましょう。そのとき、普段と同じ水量の水が流れれば、交換は成功です。

もし水の量が少なかったり多かったりする場合は、止水栓をまわして水の量を調整できます。

⑤タンクのフタを元に戻す

レバーの交換が成功すれば、タンクのフタを戻してレバー交換は終了です。モンキーレンチなどの道具が使え、レバーの取り外しや取り付けができれば、レバー交換はそこまで難しくありません。

早ければ数十分で作業が完了するので、仕事や家事の合間にもレバー交換は可能です。

自分での作業が難しい場合は?

諦める女性
ここまでレバー交換の方法を紹介してきましたが、中には「自分で作業する時間がない」という方や「自分でレバーを交換できる自信がない」という方がいるかもしれません。

自分での作業が難しい場合は、無理に自力で直そうとせずに、トイレの修理をしてくれる専門業者への依頼がおすすめです。専門業者に依頼すれば、自分で道具を揃える必要もなく、状況が悪化するようなトラブルに発展することもありません。

また、トイレのレバーが戻らないケースはさまざまな原因が考えられますが、業者に依頼すればその原因も突き止めてくれるので安心です。

レバーの交換にかかる費用は、そのトラブルの原因やトイレのタイプにもよりますが、5千~2万円程度をみておきましょう。

レバーの故障を含めた、水が止まらない故障の原因はこちら↓

トレイレバー
トイレの水が止まらない場合はどうすれば?応急処置の方法まとめ「トイレの水が止まらない」 「なにが原因でどうすれば直るの?」 と悩んでいませんか? 通常、トイレは1度レバーを引くと一定...