トイレ修理について

トイレのつまりはペットボトルで一瞬解決!?直らない時の方法も紹介

トイレのつまりが生じたときに、ペットボトルの使用によって解決できる可能性があります。

急にトイレが詰まって、こちらをご覧になっている方もいらっしゃることでしょう。

ペットボトルでトイレの「つまり」が直るのはウソのような話だと思えるかもしれません。

この記事では、緊急のトラブルにも冷静に対応していただけるよう、ペットボトルを使用したトイレつまりの解決策を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ペットボトルを使えば対処できるつまりの原因とは?

ウォシュレットトイレ

条件がピタッとマッチすれば、トイレのつまりは一瞬で解決できます。

最初に、どのようなときにペットボトルを使用できるのかを解説します。

水に溶けるもの・ほぐれやすいものに対応可能

ペットボトルで対応できるトイレの「つまり」の原因をひと言で説明すると、「水に溶けやすくほぐれやすいもの」です。

具体的には、以下に該当する場合は、ペットボトルで「つまり」を解消できる可能性があります。

ペットボトルで解消できるつまり原因
  • 排せつ物
  • トイレットペーパー
  • 嘔吐物・吐しゃ物
  • 水に流せるタイプのトイレクリーナーや猫砂

ただし、これらに該当する場合であっても、程度が重度な場合にはまったく効果が得られないこともあります

原理はラバーカップと同じ

ペットボトルを使ったトイレのつまり対策は、底の部分を切り取って簡易的に真空状態を作り出すことによって効果を発揮します。

その原理はラバーカップ(すっぽん)と同じです。

ただし、ペットボトルはラバーカップほどうまく真空状態を作れるわけではなく、吸引力もラバーカップより弱いため、ラバーカップほどの効果は期待できません

基本的に軽度なつまりを手早く対処したいときに有効な対策です。

ペットボトルを使ったトイレの「つまり」対応方法

手利きの器用さに自信のない方や、ふだん工作をする機会の少ない方は、ペットボトルの底を切り取る作業がとても難易度の高いものだと思われるかもしれません。

しかし、ハサミやカッターナイフをおもちであれば、準備・作業はそれほど難しくありません

3つのステップに分けて手順を解説します。

ペットボトルを加工する

排水口に収まるサイズのペットボトル(500cc)のペットボトルを用意して、底から3〜4cmの部分をまっすぐに切り落とします。

ハサミやカッターナイフを使用して、できるだけまっすぐにカットしましょう。

このとき、切り口がギザギザしたままだとご自身の手首を切って傷つけてしまう可能性が可能性があります

手軽に切り口を保護する方法は、ビニールテープで切り口を覆うことです。

切り取ったペットボトルの底は使用しないので、そのまま処分しても問題ありません。

事前準備・安全・衛生対策をする

ペットボトルの準備が完了したら、作業をするための事前対策をおこないます。

  • トイレの水量の調節
    →水量が多いと、溢れて清掃が大変になります。反対に、水量が少ないと、真空状態が作りにくくなり、つまり対策の効果が半減します。平常時のトイレの水量程度でない場合は、水の量を調整してください。
  • 養生
    →万が一、トイレの水が溢れても汚れないように、床や壁を養生してください。新聞紙やビニールシートを使用すれば、手軽に養生できます。
  • ゴム手袋
    →手が汚れないように、ゴム手袋を装着しましょう。また、細菌やウイルス対策として、マスクを装着した方が安全です。

ラバーカップの要領でペットボトルを上下させる

ラバーカップの要領で、ペットボトルを排水口にしっかりと密着させます。

飲み口のフタの部分を指で押さえて塞いだ状態で、ペットボトルを押したり引いたりを繰り返します。

効果がうまく得られたときには、一瞬の作業(数回の押し引き)で完了することもあります。

ペットボトルでは直らないときの対処法

掃除お姉さん

適切にペットボトルを使用しても、つまりが解消できない状況が考えられます。

しかし、ご家庭にあるものだけでできる対策は、ペットボトルを使用した方法以外にもあります。

お湯を使用した対処法

バケツなどに40〜50℃のお湯を用意して、排水口から注ぐ方法です。

お湯の熱と水流によって、詰まっていたトイレットペーパー・排せつ物・尿石などが流れることがあります

排せつ物やトイレットペーパーのつまりに対しては、酸性洗剤を溶かしてから注ぐとより効果的です。

効果が現れるまで時間がかかることもあるため、お湯を流してから1時間程度待ってから「つまり」の状況を確認しましょう。

針金・ワイヤーを使用した対処法

針金やワイヤーなど、自由に形を曲げられるものを使用すれば、トイレに詰まっているものをほぐせる可能性があります。

先端が尖っていると、便器や排水管を傷つけてしまうため、先端を折り曲げて角を丸くしてから使用しましょう。

固形のものが詰まっている際にはあまり効果が期待できません

ビニール袋・ゴム手袋を使用

トイレの排水口から手の届く位置につまりの原因がある場合は、手を伸ばして直接拾い上げることも可能です。

トイレの水は、衛生的ではないので汚れないようにビニール袋やゴム手袋を使用しましょう。

それでも直らない場合には業者利用がオススメ

ご自身でできる対策をいろいろ試しても、状況が改善しない場合があります。

あるいは、「つまり」の原因が見当もつかず、方法を試すことさえためらわれる場合もあるでしょう。

具体的には、以下のケースが考えられます。

改善しないトイレつまりの要因
  • 「つまり」が頑固
  • 固形物が排水管の奥で詰まっている
  • 「つまり」の原因がわからない
  • 排水口の形状とペットボトルの形が合わない

トイレのつまり対策はさまざまな方法がありますが、気をつけなくてはならないのは誤った対処法をすると症状が悪化する可能性もあることです。

すぐに解決を望まれるなら、水道修理業者を依頼しましょう!

業者によっては無料見積もりをおこなっており、費用等に納得してから作業を依頼できます。

また、年中無休体制や最短15分駆けつけ体制の業者も多くあるので、至急の対応を希望される方にもオススメです。

水道修理業者の選び方についてはこちらで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

実際に、ペットボトルを使用してつまりを解消した、という声も多く聞かれますが、ペットボトルで解決できないトラブルも存在します。

自身で対応が難しい場合や、確実かつ迅速に解消するためには、水道修理業者に依頼するのがオススメです。