トイレ修理について

トイレつまりをすっぽん(ラバーカップ)で解消!使い方・代用品も紹介

トイレが詰まった時の対策グッズとして最も広く使用されているのは、ラバーカップです。

ラバーカップは、「すっぽん」という名称でも知られています。

しかしながら、ご自宅のトイレの「つまり」の対処をした経験がない方にとっては、以下の疑問があるかもしれません。

すっぽんで本当にトイレのつまりは直せるの?
すっぽんはどんな風に使用するの?
すっぽんを使ってもつまりが解消しないときにはどうしたらいいの?

この記事では、トイレつまり対策グッズとして最も身近な存在であるすっぽんについて、解説します。

トイレが詰まった!すっぽん(ラバーカップ)で解決できる状況・できない状況

すっぽん(ラバーカップ)は、トイレのあらゆるつまりに対応できると感じられている方もいらっしゃるかもしれませんが、有効な場合とそうでない場合とがあります。

すっぽんの種類とあわせて解説します。

すっぽん(ラバーカップ)の種類と購入方法

すっぽんは、大きく分けて以下の種類があります。

ラバーカップの種類
  • 洋式トイレ用
  • 和式トイレ用
  • 節水トイレ用

それぞれご自宅の便器のタイプに合ったものを選びましょう。

節水トイレ用のものは、ツバがついている点が大きな特徴です。

節水トイレは、便器に貯まっている水(封水)が少ないことや便器が独特な形状をしていることから、しっかりと真空状態を作り出す必要があるため、特殊な設計がされています。

最近では、「トイレにすっぽんを置いておくのは来客時などに恥ずかしい」という一般消費者の声にこたえて、おしゃれなタイプのすっぽんも発売されています。

ラバーカップが使用できる状況

すっぽん(ラバーカップ)が有効なのは、以下の原因によりトイレが詰まっている場面です。

ラバーカップが有効なつまり
  • 排せつ物
  • トイレットペーパー
  • 流せるタイプのトイレクリーナーや猫砂など
  • 嘔吐・吐しゃ物

これらの水に溶けやすいものや、水の中で形が崩れやすい物に対してすっぽんは有効です。

ただし、上記のリストにあるものでも一度に大量に流した場合や他の要因が重なった場合など、簡単には流れないケースもあります

すっぽん(ラバーカップ)を正しい用途で使用しても、直らないケースがあることを覚えておきましょう。

ラバーカップが使用できない状況

すっぽん(ラバーカップ)の使用が望ましくない場面もあります。

ラバーカップが使用できないつまり
  • プラスチック・金属・木材などの固形物
  • オムツや布製品など水に溶けないもの
  • 排水管の故障や大雨による排水升からの逆流など

原則としては、すっぽんが効果的なもの以外が詰まっている時はすべて、使用できない状況に該当します

使用できない状況で、すっぽんを使用すると状況が悪化する可能性が高いため要注意です。

トイレがつまった時のすっぽん(ラバーカップ)の使い方

ラバーカップをはじめて使用する方にとっては、正しい使い方を知ることが重要です。

使い方によっては、周辺が汚れてしまったり、つまりがまったく解消しなかったりすることもあるため、この章で紹介する手順を参考にしてください。

洋式・和式・省エネタイプと、いずれの場合も基本的な使用法は変わりません。

手順1:汚れ対策

すっぽんを使用していると、水位が上がってきたり便器内の水がはねて周辺に飛んだりすることがあります。

そのための対策として、次の対策をしましょう。

汚れ対策
  • 便器の周りを新聞紙や古い布などで養生
  • ゴム手袋・マスクを装着

ご自身の体への汚水の付着が心配な方は、古いエプロンをつければ衣類への跳ね返りを防止できます。

手順2:排水口部分にラバー部分を押し込む

すっぽんは、引き抜く時の吸引力によってつまりを解消する道具です。

したがって、すっぽんを押し込む際には以下の点を意識してください。

すっぽん使用時に意識する点
  • すっぽんを排水口と水平にする
  • そのままゆっくりと真ん中がへこむように中心部分を押し込む

隙間から空気が漏れないようにすることと、作業中に汚水が跳ね返ってこないように意識することが重要です。

手順3:勢いよく引っ張る+繰り返す

すっぽんを引き抜く際には、勢いよく引っ張ります。

引き抜く際には、勢いが余って汚水がはねてしまうこともあるため、様子をみながら3回・4回と力の加減を意識しながら繰り返してください

空気がボコボコと上がってきたり、水が流れて水位が流れたりすると、つまりが解消している証拠です。

手順4:水洗いをする

トイレのつまりが解消されたら、すっぽんを水洗いしてください。

トイレの汚水の中には、細菌などが繁殖しているため、洗わずに保管しておくのは不衛生であるためです

水洗いをしたら、日光で十分に乾かしてから片づけてください(濡れたまま片づけると、菌がケースの中で繁殖するリスクがあります)。

洗浄方法について重要なことは、洗剤や漂白剤を使用しないことです。

すっぽん(ラバーカップ)は、ゴム製品であるため、薬品を使用して洗浄すると変形してゴムが劣化してしまいます。

すっぽん(ラバーカップ)でトイレのつまりを対処する際の注意点

ラバーカップ

すっぽん(ラバーカップ)の正しい使い方を知るために、理解しておきたい点があります。

3つのポイントを解説します。

必ずつまりの原因を確認してから使用する

すっぽん(ラバーカップ)は、つまりの原因を確認してから使用してください。

すっぽんは、手軽に利用できて便利だからこそ、トイレが詰まったり水が流れにくかったりするとどんな場合でも有効だと思われがちです。

しかし、すっぽんが効果的なのは水に溶けやすいものが詰まった場合に限られます

すっぽんの利用が適切ではないケースで使用すると、結果的につまりが悪化して修理業者に依頼した際の修理費用が高額になることがあります。

必ず排水口に水がたまっている状態で使用する

すっぽんは、排水口に水がたまっている状況でなければ効果を発揮しません。

もし、何らかの事情で排水口に水がたまっていない状況の場合は、水を足してからすっぽんを使用してください

100均のすっぽん(ラバーカップ)は効果が弱い

すっぽん(ラバーカップ)を購入する場合には、できるだけホームセンターやインターネットサイトで購入されることをおすすめします。

100円均一ショップでもすっぽんが販売されていますが、100円ショップのすっぽんには以下のデメリットがあります。

100円ショップのすっぽんのデメリット
  • 吸引力がホームセンターで販売されているものよりも弱い
  • 保管用のケースが付属していないため、別途用意する必要がある
  • 柄が短いタイプの商品がある

ホームセンターで販売されているすっぽんの販売価格は、1,000円前後であるため、価格面で考えれば圧倒的に100円均一ショップの方が安いです。

品質・価格のどちらを重視するかにもよりますが、ホームセンターのものを1本用意しておく方が安心感を得られるでしょう。

トイレのすっぽん(ラバーカップ)がないときのご家庭にあるものでの代用方法

すっぽんがないときには、ご家庭にあるもので代用することも可能です。

この章では、手軽にできるラバーカップの代用法を紹介します。

ビニール袋を使用する方法

最も手軽な方法は、ビニール袋を使用する方法です。

手順は、以下のとおりです。

手順
  1. 拳を握って、ビニール袋を2~3枚重ねる
  2. 汚水が入ってこないように、腕のところでビニール袋を縛る
  3. ラバーカップを押し込む要領で、拳をトイレの排水口の部分に繰り返し出し入れする

拳では完全に空気を密封できるわけではないため、すっぽんよりは効果が薄いものの、軽度なつまりであれば解消できることがあります。

ハンガーを使用する方法

ワイヤーハンガーを利用して、トイレのつまりを解消する方法もあります。

つまりの原因が便器の排水口近くの際に有効な方法です。

ハンガーをトイレ排水口の部分から入れて、つまりの部分に到達したらかき出すようにして詰まり部分をほぐすことでつまりを解消できることがあります。

すっぽん(ラバーカップ)でトイレのつまりを解消できないときの対処法

掃除お姉さん

すっぽんで解消できないトイレのつまりは、ほかの道具を使用することで解消できることもあります。

この章では、ラバーカップでつまりが解消できない場合に効果が期待できるグッズを紹介します。

真空式パイプクリーナーの利用

真空式パイプクリーナーは、外観はすっぽんとよく似ていますが、持ち手部分にレバーがついています。

すっぽんのように排水口部分に先端を押し当て、レバー部分を引き上げることで吸引力によりつまりを解消します。

すっぽんと比較した場合のメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

  • 吸引力が強く、すっぽんでは対応できなかった詰まりを解消できる場合がある
  • 水がなくても使用できる

デメリット

  • 価格が高い(真空式パイプクリーナーの価格は、2,000円前後~)

真空式パイプクリーナーは、すっぽんの上位互換ともいえるグッズであるため、ラバーカップと比べたときの大きなデメリットはありません。

ワイヤーブラシの利用

ワイヤーブラシは主に配管を洗浄するためのグッズです。

使用手順は、以下のとおりです。

手順
  1. 排水口からワイヤーの先端を挿入する
  2. つまりの箇所に当たったら手元のハンドルをぐるぐる回して汚れを削り取る

ワイヤーブラシのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

  • 価格が安い(300~500円程度)

デメリット

  • やや扱いづらい
  • 家庭用として市販されているものは、洗浄力が低い

薬剤の利用

薬剤は、アルカリ性のものと酸性のものとがあります。

酸性用のトイレ洗剤は、尿石に対して有効です。

対してアルカリ性のものは、排せつ物のつまりなどに適しています。

市販の薬剤は、軽度なつまりや日常清掃目的で使用すると効果的です。

水道修理業者に依頼

つまりの原因が分からない場合や対処をしようとしても、効果が現れない場合には、水道修理業者に依頼する方法もあります。

プロの水道修理業者には高い技術力とプロ仕様の道具があるため、ご自身でやってみてもダメな状況でも短時間で問題が解決することがあります。

おすすめの水道修理業者について修理業者の選び方についても解説してますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

トイレのすっぽん(ラバーカップ)は、つまりを解消するためのグッズとしては最も有名です。

手軽に利用できることに加え、排せつ物やトイレットペーパーなど水に溶けやすいものが詰まっているときにはかなり効果的です

水道修理の専門業者に依頼しなくとも、すっぽんで解決できることは珍しくありません。

ただし、正しく使用しないとまったく状況が改善しなかったり、さらに悪化したりしてしまうことがあります。

つまりの原因が分からないときや、解決をしないときには水道修理業者を利用するのもオススメです。