トイレ修理について

トイレつまりをハンガーで解消できる?いざという時の使い方

急にトイレが詰まったときに、ラバーカップなどの対策グッズがなくて余計に焦ってしまうという事態に直面するケースがあります。

もし、今そのような事態に直面しているなら、ハンガーを使用することでトイレのつまりを解消できるかもしれません。

簡単にハンガーでトイレつまりを解消する手順

掃除お姉さん

トイレの「つまり」をハンガーで除去するためには、まずハンガーの使い方を知る必要があります。

この章では、トイレのつまりを解消するための手順を解説します。

手順1:ハンガーを選ぶ

ご自宅にあるハンガーのなかから、トイレのつまり対策に適したハンガーを選定します。

つまりの解決に使用するハンガーはその後処分することになるため、余っているハンガーを選びましょう。

ハンガーの選び方のために大切なことは、以下の点です。

ハンガー選び方
  • やわらかく自由に形が曲げられること
  • 針金ハンガー・ワイヤーハンガー

例えば、クリーニング店でもらうタイプのハンガーがちょうどトイレのつまり対策には適しています。

手順2:ハンガーを加工する

ハンガーを曲げて、1本の長い棒のようにします。

このとき、先端部分の端が尖っていると便器や排水路内部を傷つけてしまうことがあります

万が一、便器が破損したら修繕費用が高額になるのは避けられません。事故を防ぐために、先端部分を折り返して、「輪っか状」にしましょう。

手順3:排水口からハンガーを入れて「つまり」を取り除く

排水口から、ハンガーを入れてつまりの原因を探します。

つまりの箇所まで到着したら、ほじくるようにハンガーを前後左右に動かします。

つまりの原因となっているものにピンポイントでうまく触ることができれば、一気に水が流れるでしょう。

ただし、頑固なつまりなど、ハンガーで触ることができても解消できない場合も考えられます。

ハンガーを使用してトイレの詰まりを除去する際の注意点

掃除する手

ハンガーを使用してトイレのつまりを除去する際には注意点があります。

この章では、2つの注意点を解説します。

ハンガーが利用できるのは状況による

ハンガーをトイレのつまり対策として利用できるのは、以下の状況のみです。

ハンガーで解消できるつまり
  • 排せつ物・トイレットペーパーが詰まったとき
  • 嘔吐・吐しゃ物が詰まったとき
  • 流せるタイプのトイレクリーナーが詰まったとき

ポイントは、本来水に溶けて流れるハズのものや形が崩れやすいものが詰まっているときに有効であるということです。

反対に布製品・金属製品・プラスチック製品などが詰まっているときにはハンガーは効果的ではありません

使い方によっては便器を傷つけてしまうこともある

ハンガーの針金・ワイヤーが便器を傷つけてしまう場合があります。

便器は陶器で作られているため、決して硬いわけではありません。セラミックなどで作られている便器内部も同様です。

なかなか「つまり」の原因箇所に到達しなかったり、ハンガーを動かしてもつまりが解消しなかったりする際に、思わず力が入ってしまうものですが、慎重に対応しましょう。

ハンガーで対応できないときの家庭での対処法

もしハンガーで対処ができなかった場合であっても、ほかにも簡単にできる対処法は残っています。

ぬるま湯を使用する

40〜50℃程度のぬるま湯を便器の排水口から流すことで、水に溶けるものや水流で形が崩れるものであれば、つまりを解消できる場合があります。

ペットボトルをラバーカップ代わりに使用する

500ccのペットボトルの先端を切り取って、簡易的なラバーカップ(スッポン)を作成できます。

ペットボトル飲み口側に指でフタをして、排水口のところで出し入れをすると、吸引力によってつまりが解消する場合があります。

ビニール袋をラバーカップ代わりにする

握った拳にビニール袋を2重にかぶせて、排水口部分に出し入れします。

ラバーカップのように完全に真空になるわけではありませんが、空気の圧力でつまりの原因を引っ張り出すことができます。

いずれも簡易的な対処法ではあるため専用グッズと比較すると効果は落ちますが、選択肢の一つとしてぜひ試してみてください。

まとめ

ハンガーは、トイレのつまり対策グッズとして効果的な場合があります。

加工して使うため、ハンガーの材質には要注意です。

全てのつまりの症状に対応できる訳ではなく、トイレに流して良いもので詰まってしまった場合にのみ対処可能の方法となります。

ハンガーをつかって見てだめな場合は、他のトイレつまり対処方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。