トイレ修理について

トイレのつまりは重曹・クエン酸・お酢で解決!対処方とポイント

トイレが詰まったときに、身近にあるものでつまりを解消できたら、手間や費用を軽減できます。

例えば、重曹・クエン酸(もしくはお酢)は、トイレのつまりを解消する薬剤の代わりに使用できる場合があります

特にラバーカップ(スッポン)などがないご家庭では、これらの身近なものが救世主となることもあるでしょう。

とはいえ、重曹・クエン酸・お酢をどのようにトイレの「つまり」解消に使用するの?といった疑問をもたれる方もいらっしゃると思います。

急なトイレの「つまり」に困っている方は、ぜひ参考にしてください。

トイレの詰まりに重曹・クエン酸が効果的?

諦める女性

原因や程度によっては、トイレの「つまり」対策に重曹・クエン酸・お酢などを使用できます。

最初にどのような症状に対してこれらが使用できるのかについて解説します。

クエン酸(お酢)+重曹が効果を発揮する「つまり」の原因

クエン酸(もしくはお酢)+重曹が効果を発揮するのは、次の「つまり」要因に対するケースです。

クエン酸(お酢)+重曹で解消できるつまり
  • トイレットペーパー
  • 便・排せつ物
  • トイレに流せるタイプのトイレクリーナーや猫砂

これらの、本来「トイレに流しても問題ないもの」が詰まったときに、クエン酸(もしくはお酢)と重曹でトラブルを解決できる可能性があります。

反対に金属・プラスチック・紙オムツなどが詰まったときには、これらのトラブル解消には適していません

逆にこれらの状況でクエン酸・お酢・重曹をお湯と一緒に流すと、水流で「つまり」の原因が奥に押し込まれ、対処が困難になることもあります。

必ず使用する前に原因に合致しているか否かを確認しましょう。

重曹とクエン酸の性質

重曹・クエン酸(お酢)の効果について知るために、それぞれの特徴について確認しておきましょう。

重曹は、弱アルカリ性です。

弱アルカリ性の物質は、酸性の物質を分解するのに適しているため油脂やたんぱく質などを除去する際に効果的です。

やや水に溶けづらいため、水ではなくてお湯を使って希釈すると良いでしょう。

クエン酸やお酢は強い酸性の液体です。

酸性の液体はアルコールの分解に適しており、尿石(トイレの黄ばみやにおいの原因となる物質・排水路で固まって「つまり」の原因になることも)や水垢の除去に適しています。

効果的な理由

重曹とクエン酸(お酢)は、それぞれ異なるタイプの詰まり・汚れを分解するのに適しています。

両者は反対の性質をもっているため、あらかじめ混ぜておくと中和されて効果が半減しますが、同時に使用することで洗浄力がアップします

手順や温度に注意しながら、適切にこれらの薬品を混ぜることが大切です。

トイレの詰まりを重曹+クエン酸(お酢)で対処する場合

ウォシュレットトイレ

トイレの「つまり」を重曹で対処するためには、適切な手順でおこなうことが重要です。

適切な手順・方法でおこなうことにより、最大限の効果が期待されるためです。

この章では、トイレの「つまり」を重曹+クエン酸(お酢)で対応するための手順を解説します。

分量

トイレの「つまり」に対応するためには、重曹・クエン酸(お酢)・お湯を適切な分量で混ぜる必要があります。

適切な割合は、以下のとおりです。

割合
  • 重曹(150cc)
  • クエン酸・お酢(100cc)
  • 40~50度のお湯(便器の半分程度まで)

※便器の容量は機種によって異なりますが、標準的なタイプの目安分量としては1.5L程度です。

手順

トイレの「つまり」を重曹とクエン酸(お酢)を使用して対応する手順は、以下のとおりです。

手順
  1. 便器内の水を除去する東洋用ポンプでバケツにくみ出すか、雑巾などで水分を吸い取るなどの方法で便器内の水を除去できます
  2. 重曹を便器に入れます
  3. 続いてクエン酸もしくはお酢を入れます
  4. 重曹とクエン酸が発生すると、炭酸ガスを発生してシュワシュワと泡が出ます
  5. 高い位置からバケツに汲んだお湯をゆっくりと流します
  6. 便器のフタをして1時間程度待ちます

以上で「つまり」対策の作業が完了します。

⑤に関してですが、一気にお湯を流すと、跳ね返りで周囲や体に重曹・クエン酸が付着してしまう危険があります。

高い位置からお湯を流すのは、高い位置から流した方が水流の勢いが強くなり、奥まで届きやすいためです。

また、最も注意すべきポイントは、お湯の温度です。

ポイント

トイレの便器は急な温度変化に弱く、熱湯を注ぎ込むと割れたり破損したりする危険性があるため、必ず40〜50度(お風呂のお湯の温度もしくはそれよりも少し熱い程度)にしてください。

また、重曹とクエン酸(お酢)の順序も非常に大切です。

順番が逆の場合、十分な効果を発揮できないため、必ず順序を守りましょう。

お酢を使用して「つまり」対策をおこなう場合、お酢の刺激臭がトイレに充満するため、窓を開けてから作業をおこないましょう

購入できるショップ

重曹やクエン酸は、100円均一ショップ・ドラックグスアなどで手軽に購入できます。

もし常備されていなくとも、気軽に入手できます。

ラバーカップで仕上げるとさらに効果的!

もしもラバーカップが手元にある場合には、つまり解消後にラバーカップを使って仕上げると、より詰まりがキレイに解消されます

重曹・クエン酸によって細かく分解された細かい塊をラバーカップの吸引によってキレイに流すことができるためです。

ラバーカップによる仕上げが必須であるというわけではありませんが、そのままトイレの水のみで対応した場合には、排水路に細かい粒が付着したままの状態になる可能性があります。

代用方法

わざわざクエン酸を購入するのはもったいない」と思っている方は、レモンで代用することも可能です。

レモンは香りも良いため、清掃用や日常ケア用として適しています。

ただし、レモンのクエン酸含有量は、6〜7%程度であるため、つまり解消用途としてはパワー不足となる可能性が高いでしょう。

また、クエン酸+重曹の代用品としてベーキングパウダーを使用することも可能です。

ベーキングパウダーは、炭酸水素ナトリウム(重曹)・酸性剤・遮断剤などを成分として作られているためです。

しかしながら、トイレの詰まり対策として使用するためには、成分や配合バランスがベストであるとはいえないため、こちらもパワーとしては不十分です。

結論としては、代用は不可ではないものの効果が落ちる可能性が高いため、重曹・クエン酸(お酢)を揃えることをオススメします。

トイレの「つまり」に重曹のみでは効果なし?

トイレが詰まった時に「重曹を使用すれば解決できる」との情報も一部に流通していますが、重曹単体にはトイレの「つまり」を解消する力がありません

重曹は、必ずクエン酸やお酢などの強い酸性のものと一緒に使用するようにしましょう。

「重曹を使用してつまりが解消した」といった情報の根拠として考えられるのは、以下のケースです。

  • 誤った情報を聞いた人が、真偽を確かめずにそのまま拡散した
  • 重曹を入れて放置している間に、トイレットペーパーや排せつ物などのつまりの原因となっているものが溶けて「つまり」が解消された

重曹を単体で使用することに大きなリスクはないものの、メリットも期待できません。

まとめ

トイレの「つまり」への対処として、重曹・クエン酸(お酢)を使用する方法があります。

これらの方法は、非常に手軽であることや安く材料を揃えられることから、とても手軽な「つまり」対処方法です。

特に、排せつ物やトイレットペーパーなど、本来はトイレに流せるものが詰まった時にこれらの薬品が役立ちます

ただし、これらの利用によって解消できるのは比較的軽度のつまりに限定されます。

どうしても解消できない場合には、ラバーカップ(スッポン)の利用をはじめとした自分でトイレつまりを解消する方法についても解説しているので、参考にしてみてください。